伊藤詩織さん責任編集で一冊。‪おお。やるな。クーリエジャポン‬

「片山さつきが産業廃棄物」て酷いこと書くな新潮。あれ?違った?

フレディに涙して外に出ると歌舞伎町は雨に濡れていた。

I decide who I am.
俺が何者なのかは俺が決める。
-フレディマーキュリー

公開2日目。IMAXで見て良かった。

自分達は多くの人の死をルーズにスルーし続けて来てここに立っているけれど、この人のこともその例外ではなかったと思う。ゲイもエイズもゾロアスター教も、まだ魔物の屋敷のように恐ろしかった時代のスターだ。自分は、何を彼が歌っているのかも、ルーズに聞き流してきたのだとわかった。そんなことばかりまだまだ多く、亡くなってもまだ追いかけないと人のメッセージはわからない。
この映画を娘の世代と共に見ることができたことは幸福だと思う。

‪みなさん。ヤバイよ。8時以降首都圏電車全部止まるよ。早めに帰って。‬

こういうプラスティックの全てが不要。ムダ。有害。やめるべきだと思う。人類考えたほうがいい。

ひとり家で留守番して玄関を眺めて待っている、いぬの後ろ姿をネットカメラで盗撮。涙

民族料理。一部写真閲覧注意 ã‚‚っと見る

村野ミロ再読シリーズ。ようやく、ようやくDARKに辿り着いた。思えば光州事件の映画「タクシードライバー」を見た時、DARKに光州事件が登場していることを知ったというか知らされて、かつて読んだこの全身が朽ちて滅びていくようなこの小説の内容をほとんど忘れてしまっていたことに驚いて、それがミロシリーズ再読のきっかけになったのだ。だから僕は「タクシードライバー」のおかげで、村野ミロに再会したのだとも言える。
それにしてもクールな書き出しだ。40という年齢が沁みる。これが「60歳になったら死のうと思っている」などと書いても何もクールではない。クールではない時点で長く生きすぎたのかもしれない。必死に生きようとする人たちが数多くいる中で不謹慎だと言わないでほしい。死にたいのは村野ミロであり桐野夏生ではない。村野ミロはそういう女だ。もちろんクールになれない自分でもない。

最近よくフィッシングにつかまるなあ。これ面白いじゃんと思ってやっていくと続きはこうなるらしい。
↓
kanntann.com/winning-fraud-scr

噂のコレを観てきました。途中どうなるかと思ったけど伏線1000本ノック全部回収!!みたいな映画でしたよ。観に行く人は前半よーく観ててね。日比谷のTOHOシネマズ満席でした。凄い。

なんかフィッシングきた。ついてったらおまい、iPhoneにVPNアプリ入れさせようとしてんのか。あぶねーあぶねー。

amazonプライムデー開始と同時に落ちてしまったアプリを可愛い犬の写真で誤魔化すamazonさんの仕事がこちらになります。

世田谷。34℃。ずっと晴れなのに14時だけ傘マーク。不思議な天気予報。

「幸福とは」。
昆虫と戯れている時の香川照之の状態を言う。

渋谷を毎日通るおっさんによる渋谷攻略ポイント

●ヒカリエとマークシティの区別がつくか
●何度も無駄な上がり下がりをさせられた時騙されているのではと疑わないで確信を持って迷いなく進めるか
●昨日までの記憶を毎日忘れられるか
●東横線までJRからまさかこんなに歩くわけはないと途中で引き返したりしないでいられるか
●まさかあの渋谷駅ともあろうものがこんな細い迷路に客を通すわけがないと思い込まないか
●外に出ればなんとかなるだろうなどと安易な考えを捨てられるか
●誰かに道を聞けば教えてもらえるなどと言う甘い考えを捨てられるか
●今日覚えた知識は明日はゴミになると割り切れるか

最近のゴジラはクジラ形態にも変移するのか。

もっと見る
Mastodon_toot.blue

「蒼き象のインスタンス」と呼んでいます。AWS上で運用中。テーマは特に設けていません。自由に登録してマストドンを使ってみてください。登録する前に必ず「利用規約」をお読みください。